Menu
トップページ > 採用情報 >
裁量の大きな環境で、自分をどう活かすか

裁量の大きな環境で、自分をどう活かすか

安河内泰斗 施設・人材サービス事業

Profile プロフィール

安河内泰斗 施設・人材サービス事業
YASUCOCHI Taito

2012 年中途入社。
コールセンターのアウトソーシング企業での営業として経験を積んだのち、コングレに入社。
現在は、九州エリアの施設運営営業・現場マネジメントに従事。

Interview インタビュー

地元の企業に還元し、地域貢献を。

Q. もともと九州支社での採用ですか?前職についても教えてください。

中途で2012年に入社しました。もともとは、コールセンターのアウトソーシングをやっている会社の営業で、九州7年、大阪で3年勤務していました。子供が小さかったこともありましたし、外資系に代わるタイミングでもあったので、地元に戻りたいと思って、コングレに応募したのが入社のきっかけです。

Q. 入社後、しばらく東京にいらっしゃいましたよね

最初の2ヵ月、研修で東京本社にいました。最初の1ヶ月は提案書を作成したり、他施設の運営を手伝ったりしていました。その時のつながりで、お台場にあった観光施設の立上げヘルプで1ヶ月ほど常駐しました。その前にも人気キャラクターのミュージアムの立上げを手伝いましたが、同時期に、大阪より応援にきていたメンバーがおり、他拠点とつながりができたのはよかったですね。

その後、熊本で地震があった際には、当時運営していた、くまモンスクエアという施設で、当時つながったメンバーが何かできることはないかと呼びかけてくれて、各支社から応援メッセージがFAXで届いたのは、嬉しかったです。

Q. 今はどんなお仕事を担当されていますか?

施設運営の営業と現場のマネジメントです。九州は、東京ほど規模が大きくないため、施設運営の部署でも、医学会などの仕事もやっています。

施設運営では、福岡市の施設の運営マネジメントを行い、月1回の福岡市への報告会なども行っています。新規営業のため、ビルメンテナンス会社さんと一緒に営業もやっていますね。東京のメンバーと関わることもありますし、現場を見学させていただくこともあります。

また、MICE施設に関しては、設計前のコンサルから入ることが多く、関係者と協議しながら、より魅力的な施設作りを心がけています。例えば、2021年11月に開業した出島メッセ長崎についても、設計前から関わっており、約4年間、所有者の長崎市さんや設計会社さん、ゼネコンさんと協議を重ね、利用者に使っていただきやすい魅力的な施設ができたと自負しています。今は出来上がった出島メッセ長崎の運営に携わっており、多くの方にご利用をいただいています。あわせて、現在は来年開業するSAGAアリーナにも携わっており、開業に向けて、グループ内で準備を進めています。

Q. 規模や支社内の雰囲気など、九州支社について教えてください。

とても便利な場所にあるので、仕事とプライベート両方とも充実させることはできています。

職場の雰囲気としては、集中できる環境ですね。
コングレの理念として「地域貢献」がありますが、九州支社長は、地域に還元するというのを特に重要視をしており、「地元の企業に還元をする」というのはいつも言われています。

趣味は“海外旅行”が高じて、海外の大会にも参加

Q. 安河内さんといえば、マラソンですが、マラソンはいつから始めたんでしょうか。

大阪在住時より始め、福岡ハーフマラソンに出たら、次回からフルマラソンに変わるということで始めたのがきっかけです。最初は6時間くらいかかりましたが、今は3時間くらいですね。
春~秋がマラソンシーズンで、その時期は週5くらいで走っています。
走るのが当たり前になっていて、最近は山を走るトレイルランを初めて、それが楽しいです。山は何時間走っても飽きないですね。
今では、国内だけでなく海外の大会にも含め、年に8~10本ほど参加してます。マラソン中心になりつつありますが、休みの日は、子供と一緒に山に行ったり、キャンプに行ったりもしていますよ。

Q. サハラ砂漠のマラソンでは日本人1位でしたよね?世界一過酷と言われるサハラ砂漠マラソンに引き続き、先日はアマゾンマラソンに参加されていましたね。エントリーのきっかけは?

「世界で一番過酷」という7日間で250km走るサハラ砂漠マラソンを完走した後、様々なレースが世界中にあるということを知りました。その中にアマゾンのレースがあったのですが、調べてみるとサハラ砂漠マラソンよりさらに過酷ということを知り、ならその過酷を味わってみようとエントリーしました。コロナで2年間延期になり、今年ようやく参加することができ、本当にきつく楽しいレースでした。ちなみに、アマゾンのレースは、ペルーのマヌー国立公園で開催され、5日間で230kmのジャングルを走るレースです。
もともと海外旅行が趣味だったこともあり、今まで海外は韓国・アメリカ(セドナ)・香港・カンボジア・サハラ等の大会に参加しています。
観光では行けないような場所も走ることができるのは楽しいですね。

Q. アマゾンの時は、2週間ほどお休みされたと伺いましたが、お仕事の調整はどのようにされたんでしょうか。

もちろん、休暇を取る前にある程度、自分の仕事を前倒しに行いました。ただ、自分一人では仕事を完結できないものもあるので、周りの協力あってこそです。支社長の理解もあり、支社のメンバーには本当に感謝しています。このように柔軟な対応をしてくださるので、メンバーの定着率も高いですね。

裁量の高い環境の中で、更に組織を大きくしていきたい

Q. 今後、思い描くキャリアはありますか?

九州支社でやっていくのであれば、やはり施設運営の規模を大きく、組織を大きくしていきたいですね。

新しいメンバーも入ってくれたら嬉しいです。その中でどう自分を活かすかは、ある程度自由度が高いので、地方の方がやりやすいのではないかと思っています。
九州でいえば、コンベンションと施設運営両方の知識が身に付きますし、コンサルをやる際も幅広く知識が身についているので、上辺だけにならないということが強みだと思っています。
九州に限らず、拠点ごとのつながりがあるのは、コングレの良い点ですよね。ノウハウを横で共有できるのがいいなと思っています。

Q. 今後、九州支社にこんな方が入ってほしいなど希望はありますか?

元気な人!
また自ら率先して仕事を進めることができる人材がいいですね。
裁量は大きいので受け身じゃない人であれば、楽しく長くキャリアを繋いでいける環境だと思います。

Entry Pages