Menu
トップページ > 採用 >
5年目だからこそやれること、やりたいこと

5年目だからこそやれること、やりたいこと

塩田雄士 コンベンション事業本部

Profile プロフィール

塩田雄士 コンベンション事業本部
Yuji Shiota

新卒でこの会社に入り5年目です。もうすぐ6年目になります。入社してからは一貫して医学会の部署で、年間2、3件の案件を担当しています。

Interview インタビュー

親から「コングレいい会社じゃん」と言われました。

Q. 自己紹介をしてください。

新卒でこの会社に入り5年目です。もうすぐ6年目になります。入社してからは一貫して医学会の部署で、年間2、3件の案件を担当しています。

Q. コングレを志望した理由、きっかけは何ですか?

ある企業の説明会に行ったときに、当社の名前を聞いたのがきっかけです。もともと学生時代に文化祭とか好きなアーティストのファンイベントを企画運営したことがあり、それが楽しく、イベントの運営に携わりたいと思っていました。旅行代理店の説明会で、会議の運営会社があることを知り、他にどんな会社があるのかと聞いたらコングレの名前が出てきました。

Q. コングレが第一志望でしたか?

ほかの会社と悩んでいました。でも、最終面接が終わって迷っている時に人事から電話がかかってきました。電話に出た親から「コングレいい会社じゃん」と言われました。まわりから固められて、うまい会社だなって思いました(笑)。

自分の立ち位置は若手代表という感じです。

Q. コングレに入ってみてどんな印象を受けましたか?

ゴリゴリ仕事する人もいれば、やさしいムードメーカー的な人もいてひとりひとり個性があると感じました。

Q. ひとりひとり個性があるということですが、塩田さんはコングレでどんな存在ですか?

自分の立ち位置は若手代表という感じです。会議で先輩や上司がいても発言を慎もうと思ったことはなく、思ったことをどんどん言って、若手の言いたいこと集約して上に伝えるのが自分の役割だと思っています。

「塩田さんがやるんだったらお願いしたい。」と言われたのがうれしかったです。

Q. 塩田さんが5年間コングレで仕事をして、一番うれしかったことは何ですか?

3年目と4年目で同じ学会の大会を連続で担当したことがありました。3年目は先輩のフォローでしたが、4年目でメイン担当として現場を迎えた際、「先輩の後ろについていた塩田さんが一人前になったね」と主催者や、関係者にも言っていただいたんです。 そのつながりで、2020年の同じ学会も周囲からプッシュしていただいて「塩田さんがやるのだったらお願いしたい」と言われたのがうれしかったです。

オーダーメイドで考えていく面白みがあります。

Q. 医学会の準備は2年と長いですが、その期間、塩田さんを支える仕事のやりがいは何ですか?

医学会と一口に言っても、主催者によって出したい色が違います。主催者のニーズに対して現実的にどう提案できるかをオーダーメイドで考えていく面白みがあります。 たとえば、主催者から、学会参加者に配るカバンにこだわりたいというお話がありました。通常、非常にシンプルなカバンが多いのですが、その時は京都の有名なカバン屋さんの工場へ直接通って、学会独自のカバンをつくるためにロゴをプリントしてもらったり、予算に収めるためにどのような工夫をしたらいいのか等、直接社長さんに相談しました。それがおもしろかったです。 ほかにも、芸能人の方とお仕事をすることもたまにあります。学会は堅いイメージあると思いますけど、意外と振れ幅のある仕事があったりするのがおもしろいですよ。

Q. オーダーメイドの提案をする上で心がけていることはありますか?

主催者からのニーズの根本には「参加者に還元したい」とか「華やかに行いたい」という思いがあります。その抽象的な思いをくみ取った上で、それをもとにこちらから提案していくということを心がけています。 また先輩の中には、主催者が作成された資料をみたら、次から全ての資料をその書体に合わせるということをしていた先輩もいました。主催者にとってより見やすい資料になるよう、オーダーメイドの心がけだと思いました。

先輩の話で印象的だったことは手帳に書いています。

Q. 塩田さんが先輩から受けた影響はありますか?

社会人として基礎的なものを学ぶ1~3年目に、さまざまなタイプの先輩と仕事をしました。お客さんに対して明るく振る舞うタイプ、緻密なタイプの先輩、前もって周到に準備を進めるタイプの先輩など。5年目になって基礎的なことが身についた今、言葉ではあまり教えてくれなかった雰囲気とか間合いとか感性的なものの大切さにも気づかされています。 自分は、印象的だった言葉は手帳に書いています。それを読み直しつつ、自分がいままで先輩と一緒に仕事をしてきたときの間合いを組み合わせると、結構、よい仕事ができたりする。それはなかなか後輩に口頭で教えられるものじゃないから社会人になった人は大事にしてほしいなと思います。

 

誰でもやっていることをやり続けている場合ではない、と思います。

Q. これからコングレでどのように仕事をしたいと思っていますか?

最近、社内のリソースはどういうもので、会社がどういう方向性に向かうのかを世の中のトレンドと合わせて考えるようになりました。 今の組織をきちんとマネジメントすることも大事だけど、やっぱり、新しいことをいかにやっていくかがすごく大事だと思っていて、最近よく読んでいるのがAIの本です。 サービス業って目に見えないので、そうすると機械によってどれくらい置き換わられるのかが目に見えなくて、一気になくなってしまう可能性もあると僕は思っています。そうなったときにどういった生き残りの道があるのか、先手を打って何をやっていくかが大事だと思っています。 もうひとつは、コングレは私と同い年で、28~29年の長い期間にわたって蓄積されたノウハウを情報として蓄積して、部門間のシナジーも発揮しながら、さらに会社としてパフォーマンスが発揮できるような仕組みを考えられるようになればいいなと、思っています。

お酒が入らなくてもよくしゃべりますよ。

Q. 最後に、塩田さんのバイタリティにいつも憧れますが、オフの日はどのようにお過ごしですか?

オンとオフってないんですよ。土日でも仕事のこと考えるし、本を読んで、これ仕事でつかえるなと思ったりします。 昔は先のことを考えてたんですが、今は先のことを考えないことにしてます。今楽しいことをやり続けていると、今に全力投球できるから、面白いことがわいてきたりするんですよ。 だから今のことに集中することを心がけています。

Entry Pages