Menu
トップページ>サステナビリティ>
重要課題(マテリアリティ)

Sustainability 重要課題(マテリアリティ)

コングレのSDGs宣言

コングレは、事業および社員の持続可能な成長を促しながら、
サステナブルなMICEの場の創造・促進によって社会課題解決に寄与し、
SDGsの掲げる「誰一人として取り残さない」社会の実現に貢献します。

重要課題(マテリアリティ)の特定

コングレは、「よい仕事をする」「地域・社会に貢献する」「いきいきとした社員の集合体」の3つの基本理念の下、1990年の創立以来、 G7サミットなどの国際会議、日本医学会総会をはじめとする学会、文化施設・観光施設など、様々な交流の場を創造してきました。
今、社会が抱える課題に対して事業活動を通じてどのように取り組んでいくのかが改めて大きく問われています。私たちは、将来にわたって、社会とともに持続的に成長するために、自らの強みを生かしながら優先的に取り組むべき重要な課題を以下のとおり特定しました。
特定プロセスにおいては、 SDGsの17の目標と169のターゲットを指針に、全事業部が参加し、各部へのヒアリングを通じて課題や活動を抽出し、経営理念や中期経営計画との整合性の確認を行いました。これらの取り組みが、事業および社員の持続可能な成長を促進する重要な位置付けであることを、取締役および経営幹部、社員を含めた全社で再認識し、サステナブルなMICEの場の創造・促進を通じた社会課題解決を引き続き推進していきます。

4つの重要課題(マテリアリティ)

マテリアリティ相関イメージ

 

4つの重要課題(マテリアリティ)のページ

 

重要課題(マテリアリティ)と関連するSDGs

サステナビリティ推進体制

コングレでは、経営レベルでサステナビリティの取り組みにかかわる意思決定を行うことにより、持続的な成長と社会課題の解決に資することを目的に、サステナビリティ推進委員会(委員長:社長、委員:拠点部門の選任された執行役員)を設置しています。委員会では、関連する方針の決定や目標の進捗管理、各施策の審議等を行います。重要課題(マテリアリティ)ごとの目標達成に向けた具体的な活動は、全部門・拠点を横断するSDGsプロジェクトチームが担います。事業部門、拠点のサステナビリティ活動をけん引し、目標達成に向けた具体的な取り組みを推進します。