Menu
トップページ > 事業紹介 >
国際会議・学術会議の実績

国際会議・学術会議の実績

国際会議実績

1994年に開催され、当時日本で最大規模といわれた国際エイズ会議(参加者12,000名)をはじめ、1997年の地球温暖化防止京都会議(COP3)、2008年の北海道洞爺湖サミット、2012年のIMF世銀年次総会、2016年の伊勢志摩サミット、2017年のアジア開発銀行年次総会など、歴史に残る会議を数多く担当し、成功に導いてきました。

学術会議実績

日本最大のコンベンションといわれる医学会総会をはじめとした、大型医学会を多数担当しています。
また、2014年に開催された国際眼科学会(WOC2014)では、日本国内で開かれた国際医学会の中で史上最多となった20,000人の参加者数を記録しました。コングレは開催5年前にはじまったプロモーション活動から、事前準備、当日運営まで全業務を担当しました。

Prev
Next
{{ getIndexText }}of {{ items.length }}

{{ getCaption }}

国際会議実績

  • 第30回、第40回、第50回アジア開発銀行(ADB)年次総会
  • G7伊勢志摩サミット 首脳会議
  • G7サミット関連大臣会合(財務、環境ほか)
  • 第15回世界健康安全保障イニシアティブ閣僚会合
  • 持続可能な開発のための教育(ESD)ユネスコ世界会議
  • アフリカ天然資源ビジネスフォーラム
  • 第67回国際通貨基金(IMF)世界銀行年次総会
  • 第4回、第6回日本PIF首脳会議(太平洋島サミット)
  • APECビジネス諮問委員会会議(2010、2013)
  • 日中韓首脳会合(第1回日中韓サミット)
  • APEC CEOサミット
  • APEC関連大臣会合(エネルギー、中小企業、成長戦略ほか)
  • G8北海道洞爺湖サミット首脳会議
  • G8サミット関連大臣会合(財務、外務、文部科学、環境、司法内務、エネルギーほか)
  • 第32回、第46回米州開発銀行(IDB)年次総会
  • 2014年国際電気標準会議(IEC)東京大会
  • 世界経済フォーラムジャパンミーティング
  • 生物多様性条約締結国会議(COP10)
  • 気候変動枠組条約締結国会議(COP3)

他、多数

学術会議実績

国際

  • 第19回国際細胞学会議(ICC2016)
  • 第13回国際人類遺伝学会(ICHG2016)
  • 第5回世界工学会議(WECC2015)
  • 第11回ICMアジア太平洋地域会議助産学術集会
  • 第9回UIC世界高速鉄道会議
  • ノーベルプライズダイアログ東京2015、2017
  • 第34回国際眼科学会(WOC2014)
  • 第20回ITS世界会議東京大会
  • 第12回国際肩肘関節外科学会議
  • 第32回国際泌尿器科学会
  • UIA2011東京大会 第24回世界建築会議
  • 国際微生物学連合会議2011
  • 第14回国際免疫学会議
  • 第61回IFA(国際租税協会)年次総会京都大会
  • 第17回アジア太平洋会計士会議
  • 第13回国際老年精神医学会総会

他、多数

国内

  • 日本循環器学会
  • 日本整形外科学会
  • JRC(日本医学放射線学会日本放射線技術学会日本物理学会)
  • 日本神経学会
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本癌学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本外科学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本内科学会
  • 日本小児科学会学術集会
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本口腔外科学会
  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本皮膚科学会
  • 日本耳鼻咽喉科学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本眼科学会
  • 日本臨床眼科学会
  • 日本泌尿器科学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本透析医学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本化学療法学会
  • 日本病理学会
  • JDDW(消化器関連疾患合同学会)
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本血液学会
  • 日本臨床血液学会

他、多数