Menu
トップページ > ニュース >
ポートメッセなごやが新しく導入する技術(テック)・サービス・アイデアを募集します! 「新しい展示場のカタチ」を一緒につくりませんか?
展示会・イベント
2022.12.15

ポートメッセなごやが新しく導入する技術(テック)・サービス・アイデアを募集します! 「新しい展示場のカタチ」を一緒につくりませんか?

2月22日「第22回MICEイノベーション研究会」初の名古屋開催! アイデアのエントリーは1月20日まで

2023年2月22日(水)13:00~17:00、名古屋市国際展示場(以下、ポートメッセなごや)にて、同施設が新たに導入する技術やサービス、アイデアを募集するコンテスト「IDEA PITCH CONTEST(アイデアピッチコンテスト)」を実施します。
これは、MICEイノベーション研究会{主催:株式会社コングレ(東京都中央区、代表取締役社長:武内 紀子)、株式会社新産業文化創出研究所(東京都千代田区、代表取締役所長:廣常 啓一)}との共催イベントであり、第22回を数える同研究会は初めて名古屋で開催します。

今年10月、ポートメッセなごやに第1展示館、コンベンションセンターが誕生しました。
そのリニューアルオープンを記念し、“ハコを超えていく”をテーマに掲げ、2023年2月22日(水)、第22回MICEイノベーション研究会をポートメッセなごやとの共催で開催。同施設の魅力アップにつながる技術・サービス・アイデアを募集する「IDEA PITCH CONTEST(アイデアピッチコンテスト)」を実施します。
魅力ある展示場を一緒につくりだすアイデアを持ったスタートアップ、事業会社、団体、教育機関からの事業アイデアを募集しています。コンテストでは、事前審査を通過したファイナリストが10分間のピッチ(提案発表)を行い、審査員の採点を通して、優秀なアイデアを決定します。
3年ぶりにリアルイベントの本格的な再開を迎えている今、ポートメッセなごやは共創を通じて、「新しい展示場のカタチ」へチャレンジします。

【開催概要】
開催日:2023年2月22日(水)13:00~17:00(予定)
会 場:ポートメッセなごや コンベンションセンター ホールA
   〒455-0848 名古屋市港区金城ふ頭2丁目2番
主 催:MICEイノベーション研究会/ポートメッセなごや
後 援:中部経済産業局、名古屋商工会議所、中部ニュービジネス協議会、中日新聞社
ポートメッセなごや指定管理者:ポートメッセなごやMICEコンソーシアム(構成団体:株式会社コングレ/公益財団法人名古屋観光コンベンションビューロー)

▶コンテストの概要およびエントリーは「こちら

~募集する事業アイデア~

<01>ポートメッセなごやの施設としての価値を上げるような技術(テック)
   ・サービス・アイデア
<02>利用者(イベント主催者など)や一般来場者向けの技術(テック)
   ・サービス・アイデア

一例)
● 利用手続きや管理を効率化できるシステム
● 展示会などのMICE主催者や出展者、コンサート主催者が活用できる効果的なマーケティングサービス
● オンライン化やDXに対応したソリューション
● 利用者や来場者サービスにつながるアプリ
● 新たな映像、音響、照明サービス
● 展示場周辺地域(金城ふ頭エリア)と連携した、にぎわい創出のアイデア
● 施設がサードパーク化するようなアイデア
● SDGsを考慮したサービス  など

~募集概要~

■エントリー受付期間
2022年11月28日(月)~2023年1月20日(金)
※応募結果のご連絡は、2023年1月下旬頃を予定しています。
応募ご担当者に、原則メールで審査結果をご連絡いたします。

■応募資格
・日本国内のスタートアップ、事業会社、団体、教育機関(学生からの提案も可)
・コンテスト開催日(2023年2月22日)に現地でピッチ(提案発表)が可能なこと
・最優秀賞に選定された場合、ポートメッセなごやと共同で導入に向けて取り組めること
・必ずしも名古屋市に拠点を置く必要はないが、名古屋市での活動が可能であること

■応募方法
公式サイト」からエントリーシートをダウンロードし、
必要事項を記入してメールにてご提出ください。

■参加費無料
コンテストの参加・エントリーは無料です。
ただし、参加にかかるモック作成費などの経費や最終審査会場までの交通費は自己負担となります。

■審査基準
・募集内容に沿っていること
・ポートメッセなごやの魅力創出に期待ができる提案か
・実現性、事業化の可能性はあるか
・オリジナリティのある提案か
・施設の運営・管理に何らかの形で関係すること、または関係できること
・他者の知的財産権などを侵害していないこと

■審査員
ポートメッセなごや
名古屋市
中部ニュービジネス協議会
中日新聞社
MICEイノベーション研究会

■最終選考会
開催日程:2023年2月22日(水)13:00~17:00(予定)
会場:ポートメッセなごや コンベンションセンター ホールA
〒455-0848 名古屋市港区金城ふ頭2丁目2番

・応募多数の場合は、事前審査(書類・オンライン面談)を行い、最終選考に進む応募者を決定します。最終審査に残られたアイデアの応募ご担当者に個別にご連絡いたします。
・最終審査に残られたアイデアについては、2023年2月22日(水)ポートメッセなごやにて、ご応募いただいたアイデアに関する10分間のピッチを行った後、審査員より5分間の質問時間を設けます。全登壇者のピッチ終了後、審査会を経て、最優秀賞を発表します。

※応募者多数の場合は、事前審査において数社を選定します。
※登壇者多数の場合、ピッチの時間が変更される可能性があります。
※最優秀賞は最終日のプレゼン内容を踏まえて決定させていただきます。

★最優秀賞 特典★
・最優秀賞に決定したアイデアについては、具体的に導入の検討を行います。
・最優秀賞受賞者には、実証実験・導入費用として、最大300万円/年を予定しております。(2023年・2024年度実施)

●ピッチ参加者 特典●
コンテスト当日、ピッチにてご提案される技術・サービス・アイデアなどの展示・PRスペースを会場内に設けます。来場する方々とのビジネスマッチングの機会としてご活用ください。

【名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)】
名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)は、1973年に名古屋市金城ふ頭に建設された中部地区最大規模の国際見本市会場です。2022年10月1日、新設の「第1展示館」と「コンベンションセンター」が開業しました。
株式会社コングレは、公益財団法人名古屋観光コンベンションビューローとともに、指定管理者「ポートメッセなごやMICEコンソーシアム」として、施設の管理運営を担当しています。

【お問い合わせ先】
MICEイノベーション研究会 事務局(株式会社コングレ内) 担当:西川・松井
Email: mice-innovation@congre.co.jp

【MICEイノベーション研究会】
2020年7月、コロナ禍で影響を受けたMICE(企業のミーティング・セミナー、国際会議・学会、展示会・イベントなど)を進化させるため、「MICEイノベーション研究会」を立ち上げました。研究会は通常オンラインで、MICEに関する課題やニーズ発表、そして異業種からのソリューションの提案発表を行っています。これまでに2回、当社のMICE施設「コングレスクエア羽田」で、実証実験と展示会をリアル開催しました。
異業種との交流を通じ、DX、AI、ロボットなどの先端技術を取り入れて、新しいMICEのカタチを創造すること。そして、それを生み出す共創プラットフォームの役割を果たしています。
本研究会 会員数(企業/団体): 約690
新しい技術やサービスを提案した企業・団体数:約80(第21回 2022年12月現在)

【MICEイノベーション研究会 事務局】
株式会社コングレ
1990年の創立以来、「MICEビジネスのイノベーションカンパニー」として、一貫してコミュニケーションに関わり、人と人とのつながり、相互理解が進む社会を目指して仕事に取り組んでいます。
コンベンション事業では、2012年のIMF・世界銀行年次総会、2016年の伊勢志摩サミットなどを成功に導き、「国際会議のコングレ」として社会課題の解決に関わってきました。日本医学会総会をはじめ学会の運営も多数担当し、学術の発展を支援しています。
施設運営事業では、コングレブランドのMICE施設をはじめ、美術館、科学館、水族館、展望台などの文化施設・観光施設を合わせて約90の施設を運営。全国でまちづくりに参画し、地域活性化に取り組んでいます。
展示会・イベント事業では、スポーツビジネスやドローンなど、時代の要請に応じた最先端のテーマを取り上げ、関係者とともに産業の振興に注力。さらに、コロナ禍を契機にMICEイノベーション研究会を立ち上げ、異業種との交流を通じ、DX、AI、ロボットなどを取り入れて事業を進化させています。

株式会社新産業文化創出研究所(ICIC)
シンクタンク機能とプロデュース機能の両輪により、今後、社会が求めるであろうニーズや注目されてこなかった潜在的な市場、これまで課題の解決策がなかった領域や将来訪れる課題などに注目し、それに対応する技術や製品、サービスなどを生み出し、市場導入すること、また、新たなライフスタイルや文化を創り出し、これに対応する技術や製品、サービスを適応させること、新産業や文化を創出する仕掛けをサポートすることで、イノベーションの創出を担っています。
以上のコンセプトから、様々な分野にわたり異分野が共創するプラットフォームとしての研究会や拠点を立ち上げ、これまでにないビジネスモデルを実証実験し、社会に提示していくことで街づくりからイノベーション産業・文化、また企業・事業・価値等の創造と好循環機能を目指します。
これまでも、早くからVRや3Dを活用したシアターや自動翻訳・通訳を活用した次世代テレビ会議システム、そうしたコミュニケーション空間、複数地点の地域教育プログラムの相互通信利用など複数の研究会やプロジェクトも開催してきました。

【開催概要】

開催日:2023年2月22日(水)13:00~17:00(予定)
会 場:ポートメッセなごや
    コンベンションセンター ホールA
    〒455-0848 名古屋市港区金城ふ頭2丁目2番
主 催:MICEイノベーション研究会/ポートメッセなごや
後 援:中部経済産業局、名古屋商工会議所、中部ニュービジネス協議会、中日新聞社
ポートメッセなごや指定管理者:ポートメッセなごやMICEコンソーシアム(構成団体:株式会社コングレ/公益財団法人名古屋観光コンベンションビューロー)