Menu
トップページ > ニュース >
京都府立京都学・歴彩館にベビーケアルーム「mamaro™️(ママロ)」を導入しました
サステナビリティ
2021.12.28

京都府立京都学・歴彩館にベビーケアルーム「mamaro™️(ママロ)」を導入しました

株式会社コングレ(東京都中央区、代表取締役社長:武内 紀子)が指定管理者として管理運営する「京都府立京都学・歴彩館(京都市左京区)」では、2021年12月22日からTrim株式会社の可動式ベビーケアルーム「mamaro™️(ママロ)」を導入しました。

ベビーケアルーム「mamaro™️(ママロ)」は、約1畳ほどの個室の中にソファ、可動式ソファ、モニター、コンセントがあり、授乳やおむつ替え、離乳食などのベビーケアができる設備です。

京都府は、社会全体で子育てを見守り支える、あたたかい子育て社会を目指すための指針として、2019年9月に「京都府子育て環境日本一推進戦略」を策定しました。
そして、京都の子どもたちが健やかに育ち、夢や希望を叶えられるよう、結婚から出産、子育て、教育、就労まで切れ目のない施策を推進し、「子育て環境日本一」を目指しています。

コングレは「京都子育て環境日本一」の支援として、京都府立京都学・歴彩館の1階ホワイエに「mamaro™️(ママロ)」を設置しました。
小さなお子さまがいらっしゃる方でも、京都府立京都学・歴彩館を安心してご利用ください。