Menu
トップページ > ニュース >
第19回FINA世界水泳選手権2022福岡大会ボランティア事務局をコングレが担当~ボランティア募集を開始しました
トピック
2021.09.03

第19回FINA世界水泳選手権2022福岡大会ボランティア事務局をコングレが担当~ボランティア募集を開始しました

2022年5月、福岡市において「第19回FINA世界水泳選手権2022福岡大会」が開催されます。
株式会社コングレ(東京都中央区、代表取締役社長:武内 紀子)は、2001年大会に引き続き、本大会もボランティア事務局を担当します。今回はマスターズ大会まで含め、約6,000人のボランティアの活躍が期待されており、そのボランティアの募集、研修から配置、当日運営に至るまで、当社は一手に引き受けています。
現在、ボランティアを募集しています。皆さまのご応募をお待ちしております。

世界水泳選手権は、国際水泳連盟(FINA)が2年に1度開催する、水泳界においてオリンピックに次ぐ重要な国際大会です。
福岡市での開催は、アジア初開催となった2001年大会から21年ぶり2回目となります。本大会の参加者は、約190か国・地域から約2,400人を見込んでいます。

また、本大会終了後には、世界中から水泳愛好家が集う大会「第19回FINA世界マスターズ水泳選手権2022九州大会」が福岡市、熊本市、鹿児島市の3か所で開催されます。マスターズ大会には、約100か国・地域、約10,000人の参加を見込んでいます。

本大会の大会コンセプト「WATER MEETS THE FUTURE」には、この大会に参加するすべての人に、未来に出会ってほしいという思いが込められています。世界最高峰の舞台を、コングレもボランティアと一体となって支えてまいります。

現在、ボランティア募集を開始しております。詳しくは、「世界水泳公式ボランティアサイト」と下記リンクボタンの「募集パンフレット」をご覧ください。
皆さまのご応募をお待ちしております。ぜひご一緒に大会を成功に導いていきましょう!

ボランティア募集概要

・活動期間:2022年5月5日(木)~6月10日(金)のうち原則4日以上
・対象:2022年4月1日時点で満15歳以上
・募集内容:会場案内・誘導、入場ゲート補助、メディア対応サポート、式典運営サポート、輸送・交通案内など
・募集期限:11月19日(金)まで