Menu
トップページ > ニュース >
「Japan Drone 2021開催概要発表会&出展者説明会」を開催しました
イベント
2021.04.09

「Japan Drone 2021開催概要発表会&出展者説明会」を開催しました

2021年4月8日、一般社団法人 日本UAS産業振興協議会(東京都文京区、理事長:鈴木 真二)および株式会社コングレ(東京都中央区、代表取締役社長:武内 紀子)は「Japan Drone 2021 |第6回-Expo for Commercial UAS Market-」の開催概要発表会&出展者説明会を当社のMICE施設「コングレスクエア日本橋」とオンライン配信のハイブリッドで開催しました。
今年は、2021年6月14日から16日の3日間、幕張メッセで開催する予定です。

冒頭、日本UAS産業振興協議会 鈴木 真二理事長と、当社の社長 武内 紀子がご挨拶しました。

続いて、Japan Drone運営事務局チーフプロデューサーの大椛 洋一が開催概要のご案内、プロデューサーの岩倉 健介が出展者への説明を行いました。

今回の開催テーマは「ドローンを社会実装するスマート社会実現へ」です。
ドローンの社会実装は、物流の効率化、過疎化対策、防災対策など各産業界などのニーズに応えながら、都市や各地域の快適な街づくりを目指して推進されています。

「Japan Drone 2021 」は以下3部構成を予定しています。
■国際展示会(リアル展示のみ)
出展者ブース(企業・団体・自治体)
大型ドローンゾーン
出展者ワークショップ 計27枠
デモンストレーション <フライト、水中・水上> 計18枠

■国際コンファレンス(リアル+オンライン配信)
基調講演、特別講演を含め、計21セッション
ドローンビジネス×地方創生に関するフォーラムを開催予定
※国際コンファレンスはご来場が難しい皆様にもご参加いただけるよう、
 リアルとオンラインのハイブリッド開催をいたします。

■併催イベント
第6回 Best of Japan Drone Award 2021 (出展品表彰プログラム)
     ハードウェア部門 / ソフトウェア・アプリケーション部門 / ニュービジネス部門
Drone Movie Contest 2021
   <主催: デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー>
第3回JUIDA School Awards    など

今回の見どころとポイント ■2021年は新たな出発の年に

新型コロナウイルスの影響だけでなく、安全保障体制など、世界情勢が目まぐるしく変化する中、ドローン産業をとりまく環境も著しく動いています。そういった変化を体感・実感いただけるようなコンテンツや、来たる航空法改正、新たなロードマップ、そして日本発のテクノロジートレンドなど、皆さまに興味を持っていただける内容を21セッションご用意いたします。

感染対策にも万全を期し、今年もリアル+オンライン講演のハイブリッド開催となります。また講演者についても一部はオンラインによる参加を予定しております。

■主な講演者・テーマ
【基調講演】
Romeo Dursher氏 米国 Auterion社 VP of Public Safety
Petri Mononen氏 フィンランド VTT Technical Research Center

【特別講演テーマ】
航空法改正と新ロードマップ/災害対応とドローンの役割/水中ドローンの可能性は無限だ/空飛ぶクルマ最前線など 

タイトル、内容、講演者は都合により変更になる場合がございます。
詳細については、「公式ウェブサイト」にて、随時更新いたしますのでご確認ください。

来場登録は5月上旬から開始します。
皆さまのご参加をお待ちしております。

【開催概要】

■名称:Japan Drone 2021|第6回 
 ~ドローンを社会実装するスマート社会実現へ~
■会期:2021年6月14日(月)~16日(水)
 <リアルおよびオンラインコンファレンスとして開催>
■開場時間:10:00~17:00
■会場:幕張メッセ 展示ホール8
■出展者数:150社・団体(予定)
■参加登録者数:15,000人
(リアル参加者12,000人、オンライン参加者3,000人)(予定)
■入場料:2,000円(税込) ただし、事前来場登録により無料
 一部コンファレンスセッションは別途チケット購入が必要