Menu
トップページ > ニュース >
withコロナ時代のイベントをライブ・エンターテインメント、展示会業界と考える「第6回MICEイノベーション研究会」を開催しました
トピック
2020.10.28

withコロナ時代のイベントをライブ・エンターテインメント、展示会業界と考える「第6回MICEイノベーション研究会」を開催しました

2020年10月26日、株式会社コングレ(東京都中央区、代表取締役社長:武内 紀子)と株式会社新産業文化創出研究所(東京都千代田区、代表取締役所長:廣常 啓一)が事務局を務める第6回MICEイノベーション研究会を開催しました。
MICEイノベーション研究会は、新型コロナウイルス感染症によって、大きく影響を受けたMICEビジネスについて、異業種、異分野との交流によって、新しいMICEのカタチをつくり出すことを目的としています。
研究会では、毎回、MICE業界や類似する業界の課題やニーズ発表、そして異業種からの課題解決技術(シーズ)提案発表を行っています。

今回は、「ライブ・エンターテインメント」業界と「展示会」業界から課題の発表がありました。

「ライブ・エンターテインメント」業界では、一般社団法人コンサートプロモーターズ協会の長井 延裕 氏が、現状の報告と、2020年以降の3つの展望を発表されました。私たちの生活に欠かせないライブ・エンターテインメントを、これからもお客様に届ける方法を追及していきたいと語られました。

「展示会」業界では、株式会社 日経イベント・プロの坪﨑 哲夫 氏が新型コロナウイルス感染拡大後に開催したオンライン展示会について、アンケート結果をもとに報告されました。また、展示会をオンライン、リアル、ハイブリッドそれぞれで開催する場合のメリットと課題、これからの方向性について、主催者、受託者両方の視点から説明されました。

そして、3社からシーズ発表がありました。

株式会社Spornia.の上山 開 氏は、スポーツビジネスの構造転換として生まれつつあるDXの事例紹介や、イベント事業でデジタルマーケティングに取り組むヒントを提示されました。

MasterVisions株式会社の澤山 雄一 氏は、自由視点映像配信サービスの「MySelf TV」を紹介されました。バーチャル空間での商談、展示会とのコラボレーションの可能性を感じることができるサービスをご紹介いただきました。

最後に、株式会社アルムの金澤 祐子 氏は、世界初となるチケット販売から当日の受付までワンストップで、厳重な感染症リスク管理をパッケージ化した、感染症対策ソリューション「MyPass」を紹介されました。大規模で不特定多数の人が集まるMICE産業において、親和性の高いソリューションでした。

 

今回のプログラムは以下の通りです。

■「ライブ・エンターテインメント」業界課題発表 
「コロナ禍におけるライブ・エンターテインメント業界の課題」
一般社団法人コンサートプロモーターズ協会 常務理事 長井 延裕 氏

 ■「展示会」業界課題発表 
「コロナ禍中に進める展示会イベント運営-オンライン、リアル、ハイブリッド」
株式会社 日経イベント・プロ 取締役 営業担当 坪﨑 哲夫 氏

■課題解決技術(シーズ)提案発表
「スポーツビジネスで起こるDXのリアル」
株式会社Spornia. 代表取締役 上山 開 氏

「リアルより良く見える・伝わる『死角がない自由視点映像技術』」
MasterVisions株式会社 代表取締役 澤山 雄一 氏

「スマホ連動の新たな感染症対策ソリューション「MyPass」でフルキャパシティの大規模イベント開催を目指す」
株式会社アルム チームプラットフォーム部 部長 金澤 祐子 氏

発表内容の詳細は新産業文化創出研究所のウェブサイトをご確認ください。
https://icic.xsrv.jp/sm-category/1157/

次回の『第7回MICEイノベーション研究会』は、11月下旬 オンラインでの開催を予定しています。
プログラムや申し込み方法は、新産業文化創出研究所のウェブサイトをご確認ください。