Menu
トップページ > ニュース >
日本最大のドローン専門展「Japan Drone 2020」9月29~30日に開催します
プレスリリース
2020.09.11

日本最大のドローン専門展「Japan Drone 2020」9月29~30日に開催します

一般社団法人 日本UAS産業振興協議会(東京都文京区、理事長:鈴木 真二)および株式会社コングレ(東京都中央区、代表取締役社長:武内 紀子)は、民生用・商業用ドローン(無人航空機システム)産業の国際展示会「Japan Drone 2020 -Expo for Commercial UAS Market-」を、2020年9月29日~30日に幕張メッセで開催いたします。

今回は「Change the future ~ドローンで創る、この地球の未来~」をテーマに、展示会は幕張メッセで、コンファレンスは現地とオンライン配信のハイブリッド展示会として実施いたします。

「Japan Drone 2020」では、円滑なビジネスミーティングをサポートするため、ビジネスマッチングサービス「EventHub」を導⼊しました。事前に来場登録を⾏うことで、出展者・来場者情報の⼀部を前もって Web で確認できます。また、企業担当者を検索でき、⾯談の検索やアポイントメントの予約などを、事務局を介さずに取り⾏っていただけます。オンラインでの商談も可能です。

展⽰会や国際コンファレンス(講演)以外にも「Drone Movie Contest 2020」の受賞者の表彰、「JUIDA SCHOOL AWARDS 2020」、「Best of Japan Drone Award 2020」など、様々なイベントも開催する予定です。

■⼤型ドローンゾーンの出展者/出展品のご紹介【初企画】
本年度は新たに、年々⾼まる需要に合わせて、新たに⼤型ドローンゾーンを展⽰会場内に新設します。全⻑ 5m 以上または⾃重50kg 以上の機体を多数展⽰予定です。現時点で予定されている出展者を以下にご紹介します。          
・スカイリンクテクノロジーズ/P.P.K.P -パーソナルプレーン開発プロジェクト-:経済産業省から航空機製造の許可を得て開発をすすめている大型ドローンの機体
・テクノシステム/湘南工科大学/サレジオ高等専門学校:最大離陸重量240㎏、ペイロード100㎏を可能にした超大型スペースフレームドローン
・スペースエンターテインメントラボラトリー:高い飛行性能と洋上使用を想定した飛行艇型ドローン
・エバーブルーテクノロジーズ:漁業の際に魚群探知を無人で行う探索船「Fisherdrone」(自動操船ヨット技術を離島間の自動操船海上タクシーに実装した水上ドローン)
・テラ・ラボ:翼長8mのリモートセンシング・マルチプラットフォーム無人航空機(Multi-Platform UAVs for Remote Sensing)(一般ゾーンに出展)

■国際コンファレンス(ドローン・イノベーションセミナー/基調講演/特別講演)―【リアル/オンライン】
・ドローン・イノベーションセミナー(有料)
ドローンに携わる第⼀⼈者をお迎えして専⾨性の⾼い内容をお話いただく有料セミナーです。ドローンの現在と近未来のヒントが満載であり、DX、通信、物流、法務、農業、測量・点検、空撮など、多岐にわたる内容を取り上げます。全10セッションをご⽤意しました。

物流セッションでは、モデレーターにブルーイノベーション株式会社 代表取締役社長 熊田 貴之氏、パネリストにANAホールディングス デジタル・デザイン・ラボ ドローン/エアモビリティ事業化プロジェクト リーダー 保理江 裕巳氏、株式会社自律制御システム研究所(ACSL)代表取締役社長 兼 COO 鷲谷 聡之氏が登壇し、これからのドローンによる輸送ビジネスと配達ビジネスについてディスカッションします。

・基調講演(無料)―【リアル/オンライン】
初⽇は、ドローン業界に特化した独調査会社 Drone Industry Insights 社の創業者兼 CFO である Hendrik Boedecker ⽒が、ビデオ講演の形でドローンのパンデミックおよび緊急時の展開について解説します。また、2⽇⽬は、NEC のデータサイエンス研究所主任研究員である中台慎⼆⽒が、世界で⾏われているドローンの運⾏管理システム「UTM(Unmanned Traffic Management)」に関するビジネスやアーキテクチャ、標準化の動向などについて講演します。
・特別講演(無料)―【リアル/オンライン】
ドローン産業の発展から垣間⾒える現状や課題、将来の活⽤⽅法などについてのパネルセッション、トークセッションを複数開催します。初⽇は、本展⽰会主催の⼀般社団法⼈⽇本 UAS 産業振興協議会(JUIDA)の理事⻑鈴⽊真⼆がモデレーターとして登壇する災害時におけるドローン活⽤をテーマとしたパネルディスカッション。2⽇⽬は、ドローンと 5G活⽤をテーマに、総務省総合通信基盤局 翁⻑ 久移動通信課⻑と、国際電気通信基礎技術研究所(ATR) インタラクション科学研究所 宮下 敬宏所⻑のセッションなど、豊富なテーマを予定しています。

■併催イベントプログラム
・Drone Movie Contest 2020 受賞者の表彰  (http://www.dhw.co.jp/robotics/contest/
⽇本 UAS 産業振興協議会(JUIDA)&デジタルハリウッド⼤学が主催するドローンで撮影された映像作品コンテスト。4⽉11⽇にホームページで発表された受賞者に対する表彰を⾏います。
・JUIDA SCHOOL AWARDS 2020
全国で JUIDA の認定スクールを対象として、ドローンの知識や技能の指導などを通じた⼈材育成や業界の安全な発展に貢献したスクールを表彰するアワードです。
・Best of Japan Drone Award 第5回
ドローン産業界屈指の表彰イベント。Japan Drone 2020 出展者のドローン製品、サービスを「製品・技術部⾨」、「サービス部⾨」、「ニュービジネス部⾨」の3部⾨に分けて、今年の Best of Drone を9⽉ 30⽇に展⽰会場内で発表します。

■注⽬の展⽰会出展企業・団体
2020年9⽉15⽇時点で、104社・団体の出展が決定しています。前述の⼤型ドローン以外では、ドローンやロボットなど複数デバイスを連携させ、ひとつの指⽰で⽬的の業務をこなす「Blue Earth Platform」(BEP)をベースとした、5個のサービスを展⽰するブルーイノベーション、⻑時間⾶⾏⼤型ドローン⽤のハイブリッドエンジンの開発を⾏うエアロディベロップジャパン、エアロジーラボ、情報サービス産業に係る事業の基盤整備等を通じて情報サービス産業の健全な発展を図る活動を⾏っている(⼀社)情報サービス産業協会の会員企業4社の共同出展のほか、福島ロボットテストフィールドを擁する南相⾺市役所、兵庫県、神奈川県などの⾃治体の出展もあり、ドローンを通しての地域連携も⽬指しています。海外からは、アメリカ州政府協会やインテリジェントエナジー(英)などが出展を決定しています。

■会場における新型コロナウィルス感染予防対策とご来場いただく皆様へのお願い
開催に際しては、業界団体である(一社)日本展示会協会作成の「展示会業界における COVID-19 感染拡大予防ガイドライン」に則った安心・安全な対策を講じたリアル展示会を開催します。
ご来場の皆様には感染防止対策の一環として、必ず Web での来場登録をお願いします。

■開催概要

名称︓Japan Drone 2020|第 5 回 -Expo for Commercial UAS Market
会期︓2020 年 9 ⽉ 29 ⽇(⽕)〜30 ⽇(⽔)10︓00〜18︓00(両⽇とも)
会場︓幕張メッセ ホール 8
1.国際展⽰会(リアル展⽰のみ)
2.国際コンファレンス(リアル+オンライン配信)
  会場内でのリアル聴講に加え、今年はオンライン配信を実施いたします。