Menu
トップページ > ニュース >
「大阪・関西万博」関連発表や新たなMICE開催に向けての取り組みをテーマに『第4回MICEイノベーション研究会』を開催
トピック
2020.09.02

「大阪・関西万博」関連発表や新たなMICE開催に向けての取り組みをテーマに『第4回MICEイノベーション研究会』を開催

2020年9月1日、株式会社コングレ(東京都中央区、代表取締役社長:武内 紀子)と株式会社新産業文化創出研究所(東京都千代田区、代表取締役所長:廣常 啓一)が事務局を務める「第4回MICEイノベーション研究会」を開催しました。
MICEイノベーション研究会は、新型コロナウイルス感染症によって、大きく影響を受けたMICEビジネスについて、異業種、異分野との交流によって、新しいMICEのカタチをつくり出すことを目的としています。
研究会では、毎回、MICEに関する課題やニーズ発表、そして異業種からの課題解決技術(シーズ)提案発表を行っています。

今回は、2025年の大阪・関西万博に関連した発表が、経済産業省 近畿経済産業局の石原 康行氏と、日本未来学会 事務局長((公財)未来工学研究所 理事)和田 雄志氏よりありました。大阪・関西万博の推進状況や、リアルとバーチャルが連携する新たなハイブリッド展示会の問いかけ、ポストコロナ時代における万国博覧会のあり方などについて紹介されました。

そして、3社より新たなMICE開催に向けてのシーズ発表がありました。

今回のプログラムは以下の通りです。

■「大阪・関西万博」 関連発表
大阪・関西万博とその活用、及び新たな展示会の発展の可能性について
経済産業省  近畿経済産業局 2025NEXT関西企画室 プロジェクトフェロー 石原 康行 氏

2025年「オルタナ・バンパク」の提案
日本未来学会 事務局長((公財)未来工学研究所 理事)和田 雄志 氏

■課題解決技術(シーズ)提案発表
イベントのオンライン化(REALIVE360のご紹介)
NTT西日本 ビジネスデザイン部 担当課長 笹原 貴彦 氏

参加者の安心・安全を確保したイベント開催を実現する3つの取り組みのご紹介
株式会社リコー Signage-Contents事業統括室 室長 花井 厚 氏

ゆめ水族園 -プロジェクタ映像が提供する新たな価値ー
セイコーエプソン株式会社 広報IR部 エキスパート 立石 祐二 氏

発表内容の詳細は新産業文化創出研究所のウェブサイトをご確認ください。

次回の『第5回MICEイノベーション研究会』は、9月28日(月)16:00~18:00 オンラインで開催予定です。
森ビル株式会社のMICE施設をテーマにした課題発表などを予定しています。

プログラムや申し込み方法は、新産業文化創出研究所のウェブサイトをご確認ください。