Menu
トップページ > ニュース >
コングレは指定管理者として「京都府立京都学・歴彩館」を運営しています
トピック
2020.06.17

コングレは指定管理者として「京都府立京都学・歴彩館」を運営しています

株式会社コングレ(東京都中央区、代表取締役社長:武内 紀子)は、2020年4月1日から、日本管財株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:福田 慎太郎)、丸善雄松堂株式会社(東京都港区、代表取締役社長:矢野 正也)とともに、3社による共同事業体として「京都府立京都学・歴彩館」(京都市左京区下鴨半木町1-29)の指定管理者を務めています。

京都府立京都学・歴彩館は、前身である京都府立総合資料館を移転新築・機能強化して設置され、講演会や会議等の利用に適した「大ホール」(484名収容可能)、「小ホール」(100名収容可能)、貴重書を数多く所蔵する「京都資料総合閲覧室」、京都の歴史・文化等を扱う「京都学ラウンジ」「展示室」などからなる複合施設です。

当共同事業体では、同館で引き続き直営で研究、展示、資料収集・公開・相談業務等を行う京都府とも連携し、京都学・歴彩館が「京都学」のシンボルとして府民の皆さまに浸透するべく、利用者に寄り添った運営や魅力ある自主事業の展開に尽力してまいります。イベントの開催時などには、ぜひご来館ください。

なお、新型コロナウイルス感染症の拡大を予防するため、当面の間は段階的に開館し、開館時間の短縮、密集が予想される館内施設の閉鎖やイベントの縮小・中止をしております。何卒、ご了承ください。