Menu
トップページ > ニュース >
首都大学東京の都市環境学部「MICE論」にて講義を行いました
メディア・講演
2019.12.19

首都大学東京の都市環境学部「MICE論」にて講義を行いました

2019年12月13日、首都大学東京の都市環境学部「MICE論」の授業において、株式会社コングレ(東京都千代田区、代表取締役社長:武内 紀子)のコンベンション事業本部 東京事業部 部長(国際担当) 西村 郁子と同部の金 恵珍が登壇し、講義を行いました。

首都大学東京の都市環境学部では、2019年度後期の科目として、「MICE論」を開講しています。
その中で、当社の社員は「コンベンション会社の仕事」をテーマに講義を行いました。

西村は、PCO (Professional Congress Organizer) の仕事の内容と、実際にどのような役割を果たしているのかを説明しました。
そして、具体的な事例を交えながら、PCOの仕事のおもしろさをお伝えしました。

金は、国際会議ディレクターの仕事について、ある一日のスケジュールを挙げながら、具体的な仕事内容を説明しました。また、自身の就職活動を振り返り、コングレを選んだ理由や仕事の魅力について、お伝えしました。

約20名の受講者は、二人の話に熱心に耳を傾けていました。

コングレは今後もこのような活動を通じ、学生や若年層に向け、MICE業界の魅力を発信してまいります。