Menu
トップページ > ニュース >
スポーツビジネスジャパン2019が開幕しました
イベント
2019.11.19

スポーツビジネスジャパン2019が開幕しました

株式会社コングレ(東京都千代田区、代表取締役社長:武内紀子)が、日本スポーツ産業学会、株式会社スペースメディアジャパンと主催する、「スポーツビジネスジャパン2019 together with スタジアム&アリーナ2019」が、さいたまスーパーアリーナで開幕いたしました。

ウェルカムスピーチでは、鈴木大地スポーツ庁長官、大野元裕埼玉県知事、川淵三郎日本トップリーグ連携機構代表理事会長、尾山基日本スポーツ産業学会会長にご挨拶を賜り、朝から多くの来場にご参加いただきました。

スポーツビジネスジャパン2019 together with スタジアム&アリーナ2019は、スポーツビジネスに特化した専門展示会&コンファレンスです。スポーツ産業におけるイノベーション、異業種企業の新規参入、 ICT活用によるスポーツ体験の変革などのトレンドから、スタジアム・アリーナ改革、スポーツを核とした地方創生、人材育成などスポーツに関わる幅広い情報とサービスを集結させました。

第4回目となる本年は、さいたまスーパーアリーナで、11月19日(火)、20日(水)の2日間開催します。国内外の第一線で活躍するプロフェッショナルが集結し、海外事例や注目のメソッド、最先端の技術・サービスを、展示会・コンファレンス・サイドイベントなどを通じて紹介しています。

新たな試みとして、顔認証システムによるコンファレンスなどの入退場管理や、スポーツの力を活用したSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)の企画も実施中。

デモンストレーションエリアでは、バスケットボールコートを設置して、五輪競技としても注目の3☓3をはじめとする、バスケットボールデモンストレーションや、来場者のみなさまにも参加いただける、シュートチャレンジ、その他さまざまなイベントも開催します。

皆様のご来場をお待ちしております。

スポーツビジネスジャパン2019 together with スタジアム&アリーナ2019
【特徴】
●最先端 スタジアム・アリーナ改革の今を体感する場
全国各地で進むスタジアム・アリーナ新設・改修構想を背景に、稼げるスタジアム・アリーナを目指し、最新技術と製品・システム・サービスを一堂に会して体験できる場を提供することにより、スポーツ産業のさらなる成長を目指す。
●地方創生 スポーツを核にしたまちづくり
スポーツを核にした地域活性化により人口流出、空洞化といった地方が抱える課題の解決を目指す最新事例、動向を社会にアピールし地域貢献を促す。
●融合&革新
ICTとスポーツ界が融合する事で生まれ変わる観戦エクスペリエンスやニュービジネスにより新たなスポーツ産業の確立を目指す。
【会期】
2019年11月19日(火) 10:00〜18:00
2019年11月20日(水) 10:00〜17:30
※スタジアム・アリーナ視察ツアー日時:11月18日(月) 13:00〜17:00
※ネットワーキングレセプション日時:11月19日(火) 18:30〜19:45
【会場】
さいたまスーパーアリーナ
〒330-9111 埼玉県さいたま市中央区新都心8
さいたまスーパーアリーナへのアクセスはこちら
【主催】
日本スポーツ産業学会
株式会社コングレ
株式会社スペースメディアジャパン
【パートナー】
Brintex Ltd. - part of Hemming Group (英国)
【特別協力】
コトブキシーティング株式会社/株式会社スポーツビズ
【特別後援】
一般社団法人日本トップリーグ連携機構/一般社団法人Entertainment Committee for STADIUM・ARENA (ECSA/エクサ)
【後援】
スポーツ庁/(公財)日本サッカー協会/(公社)日本プロサッカーリーグ/(公財)日本バスケットボール協会/(一社)バスケットボール女子日本リーグ/(一社)日本バレーボールリーグ機構/(一社)Tリーグ/(一社)日本eスポーツ連合/(公財)日本体育施設協会/(公社)全国大学体育連合/(一社)大学スポーツ協会(UNIVAS)/(一社)日本スポーツアナリスト協会/(公社)日本建築家協会/埼玉県 / さいたま市 /(一社)さいたまスポーツコミッション/(一社)新経済連盟/(特非)日本PFI・PPP協会/(一財)自治体国際化協会(CLAIR) (順不同)
【オフィシャルスポンサー】
株式会社竹中工務店/大成建設株式会社/パナソニック株式会社
【ネットワーキングレセプション協賛】
コトブキシーティング株式会社
【コンファレンス協賛】
株式会社山下PMC