Menu
トップページ > ニュース >
スポーツビジネスジャパン2019、開催概要のプレスリリースを行いました
イベント
2019.10.16

スポーツビジネスジャパン2019、開催概要のプレスリリースを行いました

株式会社コングレ(東京都千代田区、代表取締役社長:武内紀子)が、日本スポーツ産業学会、株式会社スペースメディアジャパンと主催する、「スポーツビジネスジャパン2019 together with スタジアム&アリーナ2019」は、以下の通り、開催概要のプレスリリースを行いました。

【スポーツビジネスジャパン2019 together with スタジアム&アリーナ2019】

スタジアム・アリーナ改革、地域活性、スポーツSDGsの今を学ぶ、濃厚な2日間

トップリーグやクラブの取り組み、顔認証等ICTの活用など、スポーツ産業のトレンド情報が満載。
ビジネスネットワーキングの機会となる専門展示会&コンファレンス。

2019年11月19日(火)・11月20日(水)さいたまスーパーアリーナで開催

ゴールデン・スポーツイヤーズが始まり、ますます活性化するスポーツ産業界。 「スポーツビジネスジャパン together with スタジアム&アリーナ」は、スポーツ産業におけるイノベーション、地域活性、SDGsなどのトレンドから、マネジメントや仕組みづくり、ICT活用など第一線で活躍する方々のメソッドを紹介皆さまのビジネスマッチングに寄与するスポーツビジネスに特化した専門展示会およびコンファレンスです。これまで横浜、千葉、大阪で開催し、第4回となる今年は、さいたまスーパーアリーナで開催します。

国内外でスポーツビジネスに関わるプロフェッショナルによるスポーツビジネスの今をテーマにしたコンファレンス最先端の技術、サービスを紹介する展示会でスポーツビジネスの最前線を体感いただけます。また、サイドイベントとして、バックヤードから施設の裏側を学ぶスタジアム・アリーナ視察ツアー(さいたまスーパーアリーナ・埼玉スタジアム2002)を開催。ネットワーキングレセプションなど、ビジネスネットワーキングの機会もご用意しています。新たな試みとして、顔認証システムによるコンファレンスなどの入退場管理や、スポーツの力を活用したSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)も実施。これからスポーツビジネスに参入する方にも有効な情報収集の場となっておりますので、ぜひご参加ください。

報道関係者の皆さまからのご意見やご協力を仰ぎ、より多くの皆さまにお伝えしてまいりたいと考えております。

お忙しいことと存じますが、ご取材のご検討および、広報へのご協力のほど、よろしくお願いいたします。

【コンファレンスのみどころ】

コンファレンスプログラムは、2日間で29セッション(事前登録制)。国内外のリーダーたちが一堂に会し、今話題のラグビーのプロリーグ化や、異業種企業の参入、オープンイノベーション、地方創生、スタジアム・アリーナ改革など、スポーツビジネスの最新動向を紹介します。

―セッション例:「ウエルカムスピーチ」&「日本のラグビーを変える!~新しいプロリーグとは~」のご登壇者―
川淵 三郎  (一社)日本トップリーグ連携機構 代表理事 会長
鈴木 大地 スポーツ庁 長官
大野 元裕 埼玉県知事
尾山 基  日本スポーツ産業学会 会長/(株)アシックス代表取締役会長兼CEO
清宮 克幸 (公財)日本ラグビーフットボール協会 副会長
境田 正樹 (公財)日本ラグビーフットボール協会 理事、弁護士、東京大学 理事
廣瀬 俊朗 俳優、元ラグビー日本代表主将/(株)HiRAKU 代表取締役

【開催概要】

会期 2019年11月19日(火) ・11月20日(水)
※スタジアム・アリーナ視察ツアー:11月18日(月)/ネットワーキングレセプション:11月19日(火)
会場 さいたまスーパーアリーナ
〒330-9111 埼玉県さいたま市中央区新都心8
主催 日本スポーツ産業学会/株式会社コングレ/株式会社スペースメディアジャパン
パートナー Brintex Ltd. - part of Hemming Group (英国)
特別顧問 一般社団法人日本トップリーグ連携機構 川淵 三郎 代表理事 会長
企画委員会 委員長 早稲田大学 スポーツ科学学術院 間野 義之 教授