はまぎん こども宇宙科学館は5月5日(月・祝)に開館30周年を
迎えました。当日は記念セレモニー・式典の他、小学生による
1日館長体験企画が行われました。

2014年5月5日

オープン前から大勢の来館者が行列をつくる盛況の中、開館30周年記念セレモニーが開催されました。的川館長、1日館長、来賓の方々によるテープカットが行われ、来館者の皆さんから大きな拍手をいただきました。

午後からの記念式典では、30年前の5月5日の星空の投影と、的川館長による講演が行われました。的川館長は、科学館が目指す姿として、科学のこころとセンスを「見つける科学館」、子どもと家族、家庭と学校、科学と日常を「つなぐ科学館」、地域と学校と大人が力を合わせてたくさんの人が「集まる科学館」の3つを掲げ、日本一の科学館を目指すことを宣言しました。

また、この日は、来館者先着3,000人にオリジナル記念バッジが贈呈されました。

  • テープカットセレモニー

    テープカットセレモニー

  • 1日館長の任命式

    1日館長の任命式

はまぎん こども宇宙科学館