当社常務取締役 吉岡純二が
東京観光財団コンベンション委員会で講演を行いました。

2016年2月4日

 常務取締役の吉岡純二が東京観光財団の第3回コンベンション委員会において、
「コングレスクエア:施設としてのコンベンション誘致から開催まで」と題して講演を行いました。

この委員会は、会議施設、ホテル、旅行会社、PCO等、関連事業者で構成され、
各回設定されたテーマの講演が実施されています。

コングレグループは、PCOであると同時に、施設開発・施設運営事業者であり、
施設の事業化調査から管理運営まで一貫して行っています。
吉岡は、再開発ラッシュの中で直営のMICE施設を持つ意味、施設としてのコンベンション誘致や
マーケティング、関連業種との連携によるビジネスチャンスなどについてお話ししました。
吉岡常務