コングレが運営を担当した第34回国際眼科学会(WOC2014)が
「JNTO国際会議開催貢献賞」を受賞!

2015年12月21日

第34 回国際眼科学会(WOC2014)が、「平成27年度日本政府観光局(JNTO)国際会議誘致・開催貢献賞」を受賞しました。
同賞はJNTOが、過去1年間に誘致に成功した国際会議や会議運営や地域貢献等で実績のあった国際会議を選んで贈呈しているものです。

WOC2014は、2014年4月2日~6日まで開催し、135カ国・地域から約2万名が参加しました。
これは、日本がホストする医学系国際会議としては最大規模のものです。
国際会議開催地として、日本の運営能力とホスピタリティを世界にアピールできたことや、白内障や加齢黄斑変性についての市民公開講座を通して、地域社会に貢献したこと等が評価されました。

12月9日に「第25回 国際ミーティング・エキスポ(IME)」会場内で行われた授賞式では、受賞者を代表してWOC2014の会長を務められた、大鹿哲郎先生がスピーチされました。

主催者のみなさまに、ご受賞を心からお祝い申しあげます。本会議の運営を担当した私どもにとっても、大変うれしいニュースとなりました。

DSC_9341KAN_7625