名古屋国際会議場25周年記念事業のお知らせ

2015年8月14日

名古屋国際会議場は、1989年に世界デザイン博覧会のテーマ館として利用された、白鳥センチュリープラザをベースに整備され、1990年4月に名古屋で唯一の国際会議場としてスタートしました。
今年、開業25周年を迎えます。
これまで、国際会議・学術会議や有名アーティストによる大型コンサートを通じて、国内外から多くの方をお迎えし、名古屋を代表する施設としての役割を果たしてきました。

この度25周年を記念して、名古屋で生まれたゴスペルグループ「Anointed mass choir」の協力をいただき、メンバーだけでなく、一般公募による新しいメンバーを加えて「魂がひびく」ゴスペルコンサートを開催することとなりました。

8月9日に行われた第1回目のワークショップ(公開レッスン)には、20代~80代の240名余が集結し、パワフルなレッスンが繰り広げられました。
今後、3回のワークショップを経て、9月6日(日)いよいよ本番を迎えます。
皆様のお越しをお待ちしております。

【名古屋国際会議場25周年記念事業 ゴスペルコンサート】 詳細はこちら
日時:2015年9月6日(日)16:15開場 17:00開演
場所:名古屋国際会議場 センチュリーホール (全席指定)

名古屋国際会議場会館25周年記念ページ 

DSCN0436

第1回目ワークショップの様子