名古屋国際会議場の観光案内所をリニューアルし、
Nagoya Information Station「OCTET」を開設しました。

2015年2月19日

名古屋国際会議場(指定管理者:コングレ・名古屋観光コンベンションビューローコンソーシアム)は、このたび1階観光案内所を大きくリニューアルし、Nagoya Information Station「OCTET」を開設しました。

OCTETとは「8個の集合」という意味で、名古屋の観光や歴史など様々な要素を一つの空間に集結。加えて、デザインモチーフとして名古屋市章の「八マーク」を用い、名古屋の魅力とブランドイメージを発信することを目指しています。加えて、名古屋国際会議場のある「熱田区」の紹介コーナーを充実させ、地域の人々との交流の場としても役割も果たすよう工夫を行いました。

なお、今回のリニューアルに当たっては、名古屋国際会議場と名古屋工業大学伊藤孝紀研究室が共同プロジェクトチームを結成。事前の来館者調査によるニーズ把握及び全体デザインの設計を行うなど、産学連携事業として取り組みました。

今後も名古屋地域の主要施設として、コンテンツのさらなる充実を図り魅力ある観光情報発信の場としての役割を担っていきます。

  • OCTETの外観。名古屋の歴史や観光情報、そして名古屋国際会議場のブランドイメージを発信します

    OCTETの外観。名古屋の歴史や観光情報、
    そして名古屋国際会議場の
    ブランドイメージを発信します

  • オープニングセレモニー後の内覧会では多くの方が展示内容に見入っていました

    オープニングセレモニー後の内覧会では
    多くの方が展示内容に見入っていました