MICE施設

調査・コンサルティング
―PPP/PFI・施設開発―

PPP/PFI and Development

MICEの視点から都市開発に取り組んでいます

コングレはMICE関連の開発事業を推進しています。行政・民間のMICE施設の新設・増改築やPPP/PFIおよび再開発のパートナーとして、また、豊富な経験とデータを基にコンサルタントとしてなど、さまざまな形で事業参画しています。 また、MICE施設と関わりの深いIR(Integrated Resort : 統合型リゾート)やスポーツアリーナ施設等の開発への取り組みも進めております。

サービス概要

コングレではMICE施設等の開発計画をお持ちの自治体や事業者のほか、設計会社・ゼネコン・シンクタンクなどの多様なクライアントからのご相談に対して、開発のフェイズに応じた様々な支援業務を実施しております。

事業企画・戦略策定支援

MICE施設計画の初期段階におけるコンセプトメイキングや方向性・戦略の策定などのプランニングを支援いたします。これまでの実績を基にした当社データベースを活用し、マーケティングリサーチとともに適切な施設規模の策定などの各種調査も実施しています。

事業推進コンサルティング

MICE施設の事業化に向けて、施設計画のご提案や設計図面の監修、関係者説明のための資料作成支援など、様々な形でコンサルティングをいたします。コングレの豊富な経験を活かし、 長く利用される使いやすいMICE施設づくりに貢献します。

PPP/PFIなど新規MICE施設への事業参画

MICE施設は単に「箱」を建設するだけでなく、開業後の誘致・運営・管理を一体に推進しなくてはなりません。コングレはそうしたMICE施設の立ち上げ ・開業に数多く携わってきた業界でも唯一の企業です。
その豊富なノウハウで、PPP/PFI事業へ積極的に参画しています。

コングレコンベンションセンター
コングレコンベンションセンターは大阪駅北口うめきた地区グランフロント大阪内ナレッジキャピタルの中核施設として位置付けられています。

コングレの強み

「貸す側」と「借りる側」、双方の豊富な経験を活かした提案力

コングレの調査・コンサルティングの強みは、「貸す側」「借りる側」の豊富な実務経験に裏打ちされた、多角的な検討の引き出しがあることです。コングレでは会議運営、施設運営双方の現場で日々蓄積されているデータを横断的に用いて、他のどこにも真似のできない独自のMICEデータベースを構築。 調査やコンサルティングに活かしています。 数多くの会議を運営する利用者の立場と施設の運営・経営を行う立場のそれぞれを踏まえたプランニングは、各方面からご好評をいただいております。

MICE領域に特化した日本初の産業シンクタンク「MICE総研」を設立

2010年には日本初の産業シンクタンク「一般社団法人MICE総研」を設立。
MICE分野の実践的な調査・研究を行っています。